T型乾燥機

乾燥

原理

蒸気・温水等の熱媒を用いた伝熱で原料を加熱し乾燥させるタイプ(間接加熱型)の乾燥機です。
熱媒はジャケット部と回転ディスク・シャフトへ供給されます。
原料は底部からの流動ガスの吹き込みにより流動し、ディスクで攪拌されながら乾燥します。
乾燥品は原料供給により押し出され、出口側のセキを乗り越えてオーバーフローとして排出されます。

特長

コンパクト
流動ガスを併用した間接加熱型乾燥機であり、乾燥効率が良いため据付面積を小さくできます。
熱効率が高いことから、熱媒を冷却水とした冷却機としての実績も多数存在します。

排気量が少量
ガスは主に原料の流動に使用されるため排気量は少量で済み、排ガス処理装置がコンパクトになります。

原料を破砕せずに乾燥
ディスクはせん断が少ない構造のため、原料粒子の破砕を抑えて乾燥することができます。

水分調整が容易
水分は、滞留時間や熱媒温度によって調節することができます。
滞留時間は乾燥機出口のセキ高さにより調節が可能です。

適用例

有機結晶
無水ブドウ糖、グラニュー糖、アミノ酸、テレフタル酸

無機結晶
炭酸カリウム、塩化カルシウム二水和物

関連分野/設備・技術

乾燥

T型冷却機の前段乾燥機として実績があります。

食品分野

製糖設備において採用実績を有しています。

乾燥

T型乾燥機と同じディスクタイプで、より付着性原料の処理に適した乾燥機です。

産業事業
(機器・プラント)について

03-5560-6531
03-5560-6532 03-5560-6533