流動層乾燥機

乾燥

原理

熱風を直接原料に接触させて乾燥させるタイプ(直接加熱型)の乾燥機です。加熱された熱風を分散板から均一に吹き上げることで、分散板上の原料が流動化され、流動層内の原料と熱風は完全混合状態になります。流動層の一端より供給された原料は流動層に入り、ただちに完全混合状態になり、熱風と接触することで乾燥しながら他端より排出されます。また、流動層内に蒸気等の熱媒により加熱される加熱エレメントを入れることで熱風量を減らして、乾燥熱量を加熱エレメントで補う運転(直接加熱乾燥+間接加熱乾燥)も可能となります。

特長

均一な品質
特殊構造の分散板を採用することにより、均一な流動状態の形成が可能であり、乾燥ムラの少ない製品が得られます。

滞留時間調整が容易
排出量の制御により、流動層高の調整が可能なため、滞留時間が任意に取れます。

容易なメンテナンス
内部に稼動部分がなく、シンプルな構造です。

高い熱効率
内部に加熱エレメントを設置することにより、装置容量を小さくし、流動ガス量が低減でき、高い熱効率が得られます。

流動層乾燥機

流動層乾燥機

特殊分散板(マシンハットノズル)

 

流動層乾燥機

加熱エレメント

適用例

ABS樹脂、ポリカーボネート、テレフタル酸、ポリプロピレン、ポリエチレン、アクリル樹脂、飼料、大豆粕、糖類、食塩、L-リジン、アジピン酸、硫安、ぼう硝、硫酸銅、アジ化ナトリウム、塩化カルシウム、炭酸カリ、炭酸ナトリウム、尿素、石炭、その他の物質でも多数実績があります。

関連分野/設備・技術

化学分野

流動層乾燥機は多様な化学品製造設備に使用されています。

化学分野鉄鋼分野

流動層乾燥機は月島機械硫安製造設備にて多数の採用実績を有しています。

環境分野

流動層乾燥機は月島機械廃石膏リサイクル設備にて採用実績を有しています。

遠心分離

流動層乾燥機の前段工程に多く適用されている遠心分離機です。

産業事業
(機器・プラント)について

03-5560-6531
03-5560-6532 03-5560-6533