インクラインドディスクドライヤ

乾燥

原理

蒸気等の熱媒を用いた伝熱で原料を加熱し乾燥させるタイプ(間接加熱型)の乾燥機です。
蒸気等の熱媒はディスク・シャフト、ケーシングのジャケット部へ供給されます。
ディスク構造は熱伝達速度と撹拌・揺動効果を最大限に高めるために、中空インクラインドディスクとなっています。
このディスクを回転させることにより、シャフト及びケーシングへ付着した乾燥原料を自動的に掻きとるセルフクリーニング効果を利用し、原料付着対策および伝熱面の更新による蒸発性能の向上を図っています。

特長

コンパクト
単位体積当たりの伝熱面積が大きく、据付面積を小さくできます。

省エネルギー
間接加熱型のため熱効率が高く、また、インクラインドディスクによる高い撹拌効果により、回転数を低く抑えられ、動力が小さくなります。

水分調整が容易
水分は、滞留時間や蒸気温度によって調節することができます。滞留時間は乾燥機出口のセキ高さを調節します。

少排気量
間接加熱型のため排気ガス量が極めて少なく、排ガス処理装置、脱臭設備がコンパクトになります。また真空乾燥として低温乾燥も可能です。

インクラインドディスクドライヤ

 

インクラインドディスクドライヤ

ディスクの動き

適用例

下水汚泥、排水汚泥、スターチ、水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム、ABS樹脂、ポリカーボネート、ポリアセタール、その他の物質でも多数実績があります。

関連分野/設備・技術

乾燥

インクラインドディスクドライヤとの組み合わせによる二段乾燥が可能です。

化学分野

インクラインドディスクドライヤは多様な化学品製造設備に使用されています。

ろ過

幅広い分野で適用可能なろ過装置で、乾燥設備の前段工程に適用されています。

ろ過

汚泥乾燥設備の前段工程に適用される脱水装置です。

産業事業
(機器・プラント)について

03-5560-6531
03-5560-6532 03-5560-6533