下水処理場におけるPFI/DBO事業(下水汚泥有効利用)

月島機械は、下水汚泥を火力発電所等での石炭代替燃料とする「汚泥燃料化システム」を活用し、施設の建設と維持管理、炭化物の製造・販売ノウハウ等により、長期に渡り安定したPFI・DBO事業を推進しています。

下水汚泥燃料化システム

原理

月島機械の汚泥燃料化システムは、下水汚泥を石炭代替燃料に転換し有効利用する“低温炭化技術”により、幅広い市場での長期・安定的リサイクルを実現します。

特長

  1. 燃料化物の燃料価値が高い
    汚泥燃料化システムで製造する炭化物の発熱量は、乾燥汚泥と同等以上となります。
    また汚泥特有の臭気や自然発火性が抑制されており、付加価値の高い燃料化物を得ることが可能です。
  2. 温室効果ガスの削減効果が大きい
    流動焼却と比較し、N₂O(温室効果がCO₂の約300倍)の排出量が極めて小さく、温室効果ガス排出量を大幅に削減することが可能です。
    また、燃料化物の発熱量が高く、利用先で削減できる温室効果ガス量が大きいことから、排出と削減のトータルバランスで見た場合、温室効果ガスを削減側とすることができます。
下水処理場におけるPFI/DBO事業

下水汚泥燃料化事業イメージ図

 

下水処理場におけるPFI/DBO事業(下水汚泥有効利用)

温室効果ガス削減効果

下水汚泥燃料化事業一覧

下水処理場におけるPFI/DBO事業2

下水処理場におけるPFI/DBO事業2

下水処理場におけるPFI/DBO事業(下水汚泥有効利用)

水環境事業
(機器・プラント)について

03-5560-6530