間接加熱型乾燥機(インクラインドディスクドライヤ)

汚泥処理(乾燥)

原理

伝熱面を通して汚泥を間接的に加熱する乾燥機です。
傾斜したディスクが汚泥の伝熱面への付着を抑制し、撹拌を促進するため、高い乾燥性能が得られます。
また、省エネルギー、低排ガスであり、温度と含水率のコントロールが容易です。

特長

  1. 熱効率が高い間接加熱型を採用。
  2. ケーキ水分調整が容易な構造。
  3. キャリアーガスが少量のため、低排気ガス量。

 

間接加熱型乾燥機

関連分野/設備・技術

汚泥処理(脱水)

汚泥減容化のための低含水率を実現する脱水機です。

汚泥処理(焼却)

省エネルギー、低環境負荷、補助燃料使用量削減を実現した焼却システムです。

水環境事業
(機器・プラント)について

03-5560-6530