ホッパードライヤ

乾燥

原理

熱風を直接原料に接触させて乾燥させるタイプ(直接加熱乾燥)の乾燥機です。円筒型の直胴部と逆円錐型の下部を持つ構造で、熱風を均一に分散供給するため、上部には上部インターナルコーン及びインサートコーンが、下部にはボトムコーン及び下部インサートコーンが設置されます。上部原料入口より投入された処理物は機内に充填・滞留し、グラビティーフローにより移動する間に下部から供給された微量の加熱ガスと接触、移動層で乾燥が進み、所定の製品となり排出されます。

特長

長い滞留時間
シンプルな構造のため大型化が容易で、長い滞留時間がとれることから、減率乾燥区間の乾燥に適しています。

均一な品質
マスフロー性に優れ、滞留時間分布がシャープな為、均一な製品が得られます。

品種切替が容易
全量排出が可能です。

容易なメンテナンス
内部に可動部分がなく、シンプルな構造です。

 

ホッパードライヤ

ホッパードライヤ

内部構造

ホッパードライヤ

ホッパードライヤ構造

適用例

ポリプロピレン、ポリアセタール、ポリカーボネート、ポリエチレン、EVOH

関連分野/設備・技術

乾燥

原料の予熱機としてホッパードライヤの前工程に適用されます。

産業事業
(機器・プラント)について

03-5560-6531
03-5560-6532 03-5560-6533