沿 革

1905年
(明治38年)

8月

東京月島機械製作所として創業

1917年
(大正6年)

5月

株式会社に組織変更して、月島機械株式会社を設立

1937年
(昭和12年)

12月

横浜市鶴見区所在の第二月島機械株式会社(旧鶴見工場)を合併

1949年
(昭和24年)

5月

当社株式を東京証券取引所に上場(昭和36年10月市場第一部銘柄に指定)

10月

大阪出張所(現 大阪支社)を開設

1961年
(昭和36年)

10月

当社株式を大阪証券取引所市場第二部に上場(昭和41年11月市場第一部銘柄に指定)

10月

東京都中央区に研究所を開設

1971年
(昭和46年)

4月

公害防止関係装置の運転管理部門を分離独立し、子会社月島メンテナンス株式会社を設立

1974年
(昭和49年)

3月

建設業法の改正に伴ない、建設大臣許可(特―48)第3484号の許可を受けた。

1976年
(昭和51年)

1月

市川工場を開設

1979年
(昭和54年)

4月

工事部門を分離独立し、子会社月島プラント工事株式会社を設立

4月

選別機、摩砕機、金属加工機械・器具の設計、製造、販売部門を分離独立し、(旧)月島マシンセールス株式会社を設立

1985年
(昭和60年)

12月

生産体制の集約化のため鶴見工場を閉鎖

1990年
(平成2年)

11月

千葉県市川市に研究所を新設し移転

1991年
(平成3年)

2月

マレーシアに営業拠点として、ツキシマエンジニアリングマレーシアSDN.BHD.を設立

1993年
(平成5年)

4月

タイに営業拠点として、テーエスケーエンジニアリング(タイランド)CO.,LTD.を設立(現 連結子会社)

1994年
(平成6年)

11月

台湾に営業拠点として、テーエスケーエンジニアリングタイワンCO.,LTD.を設立

1998年
(平成10年)

12月

廃棄物処理業に進出のため、株式会社鹿沼環境美化センター(現 サンエコサーマル株式会社)の発行済株式総数の20%を取得(現 連結子会社)

2000年
(平成12年)

10月

千葉県市川市に環境プロセス開発センターを開設

11月

月島メンテナンス株式会社と月島プラント工事株式会社が合併し、月島テクノメンテサービス株式会社となる。(現 連結子会社)

2001年
(平成13年)

12月

製造部門を分離独立し、子会社月島テクノマシナリー株式会社を設立

2005年
(平成17年)

3月

焼却関連分野強化のため、日鉄化工機株式会社(現 月島環境エンジニアリング株式会社)の発行済株式総数の74.6%を取得(現 連結子会社)

8月

機器サービス事業の充実・強化のため、月島テクノマシナリー株式会社と(旧)月島マシンセールス株式会社が月島テクノマシナリー株式会社を存続会社として合併

2006年
(平成18年)

4月

当社、月島テクノメンテサービス株式会社他が出資して設立した寒川ウォーターサービス株式会社(現 連結子会社)が、「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(PFI法)に基づいて実施する神奈川県企業庁寒川浄水場排水処理施設特定事業につき、施設の整備を終え、運営を開始

2008年
(平成20年)

12月

当社が非連結子会社である月島不動産株式会社を吸収合併

2011年
(平成23年)

3月

中国に営業拠点として、月島環保機械(北京)有限公司を設立(現 連結子会社)

2012年
(平成24年)

7月

当社の連結子会社である月島テクノソリューション株式会社が月島テクノマシナリー株式会社の事業の一部である産業機械事業を会社分割により承継し、月島マシンセールス株式会社に商号変更(現 連結子会社)
当社が連結子会社である月島テクノマシナリー株式会社を吸収合併

2013年
(平成25年)

7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、大阪証券取引所市場第一部は、東京証券取引所市場第一部に統合

12月

現在地に本社移転
環境プロセス開発センターを閉鎖

2014年
(平成26年)

10月

大同ケミカルエンジニアリング株式会社の全株式を取得し、子会社とする。

12月

BOKELA GmbH(独法人)の株式の83.33%を取得し、子会社とする。

2017年
(平成29年)

7月

三進工業株式会社の株式を取得し、子会社とする。

2019年
(平成31年)

4月

室蘭工場を開設

2020年
(令和2年)

1月

千葉県八千代市にR&Dセンターを開設
市川事業所を閉鎖

5月

プライミクスホールディングス株式会社の株式を取得し、その事業会社であるプライミクス株式会社を子会社とする。