汚泥濃縮設備

  • 汚泥処理
    (濃縮)

ベルト型濃縮機

原理

軽量な樹脂ベルトを回転させるだけのシンプルな構造のため、大幅な低動力を実現した濃縮機です。
濃縮原理、構造がシンプルなため、複雑な運転調整は不要です。微量の高分子凝集剤注入で、どのような汚泥も安定処理が可能です。

特長

  1. シンプルな構造で省スペース
  2. 耐久性に優れ安定した運転性能
  3. 電力消費量の低減・容易な維持管理
  • 本製品は、ANDRITZ S.A.S社との提携により販売するものです。

オールプラスチック製円形汚泥かき寄せ機

原理

高濃度の硫化水素、塩素ガスおよび塩分等に対してすぐれた耐食性を発揮し、耐摩耗性も高いため金属製に比べ大幅に長寿命となりました。また、水中部の材質がプラスチックのため、塗装等の必要がなく維持管理が容易です。

特長

  1. メンテナンスフリーを実現
  2. 金属製に比べ大幅に長寿命
  3. 塗装等の必要がなく維持管理が容易

関連分野/設備・技術

汚泥処理
(脱水)

お問い合わせ

水環境事業について
電話・webサイトからお問い合わせいただけます。

お問い合わせフォーム

Tel:03-5560-6530