INTERVIEW

詳細設計 / 2017年入社
水環境事業本部
プラント技術部 エンジニアリンググループ
工学部 機械工学科卒業

月島機械に決めた理由

水環境に関心があり、水処理業界を中心に就職活動を行っていました。会社を選ぶ基準として、技術者になる過程を重要視しており、現場を知る機会のある会社に魅力を感じていました。理由として、設計した製品・設備が稼動するのは現場であり、そこを知らずに設計をすることに難しさを感じた為です。選考が進む中で、理想のキャリアを歩めそうだという事と、社員の雰囲気から直感的に合っていると感じた為、月島機械に決めました。

私の仕事

焼却設備新設の現場工事に従事していました。設計職になることを前提に、後工程にあたる現場工事の知識の習得と、監理技術者資格の取得を目的として、現場監督として工事を着工から竣工まで経験しました。今後自分が設計を担当する設備において、実物と図面を見比べながら工事を進め、不明点や疑問点を上司に聞ける環境は非常に面白さを感じました。また、更地だった場所に大規模なプラント設備が竣工する様には感動を覚えました。

職場の雰囲気

現場工事では設計が作図した図面を基に、監督と職人さんが連携をして作業を遂行していきます。入社当初の話ですが、職人さんから図面に関して質問をされる度にドキドキしていたのを覚えています。ただこれが非常に良い経験で、自分で調べ回答することで多くの知識が身に付きました。また、現場にはベテランの監督も居ますし、チャットで本社の社員ともすぐに連絡が取れ、良い意味で成長せざるを得ない雰囲気だったかと思います。

学生のみなさまへ

自分の理想とするキャリアプランを明確にし、それを軸に就職活動へ臨むことが重要かと思います。社員との交流会や面接等で自分の描いているプランを説明し、それがその会社で達成できそうか直接問うのも良いかと考えます。学生の皆様と企業、それぞれの方針が一致していることが重要です。何十年と働く会社ですから、飾らず自然体で就職活動に臨むことによって、入社後も有意義に職務を遂行できるのではないでしょうか。

オフショット

休日は専ら空中遊泳を楽しんでおります。FPVドローンという機材をご存じでしょうか?FPVはFirst Person View(一人称視点)の略で、まるでドローンのコックピットに乗っているかのような体験ができます。ゴーグルにドローンからリアルタイムの映像を転送し、操縦をします。一般的なドローンより自由度が高い反面、操作が難しい一面もあります。是非皆さんも、週末は鳥になってみてはいかがでしょうか?