INTERVIEW

営業 / 2013年入社
産業事業本部
営業部 第1グループ
法学部 法学科卒業

月島機械に決めた理由

「環境問題の解決・改善に貢献できる企業」という軸で就職活動をしていました。私は事務系で、漠然と営業部門配属だろう、というイメージの中、扱う商材のサイズ、金額ともに大きい方がやりがいを感じられると思い産業機械、プラントメーカーを志望しました。中でも月島機械に入社を決めた一番の理由は、様々なジャンルの技術を持ち、国内外多数業界にお客様を抱え、自分の活躍できるフィールドが多くあると感じたからです。

私の仕事

民間企業向けの営業担当をしています。その役割をシンプルに言えば、お客様の窓口になります。営業と言えばガツガツしたイメージかもしれませんが、当社は付き合いの長い既存のお客様が多く、飛び込み営業などはありません。よって、ひとつのお客様と中長期的にお付き合いすることになるので良好な関係を築くことができれば仕事がやりやすくなるだけでなく、貴重な情報も頂けるようになります。これは営業の醍醐味だと思います。

職場の雰囲気

営業部として、もちろんその至上命題である「受注」に関する話はピリッとしていますが、それ以外は基本的に和気あいあい、明るい雰囲気で仕事はし易い環境だと思います。他の部署の方々(主に技術系職種)も営業の私がわからないことを質問すると快く答えてくれ、「教える文化」のある会社だと思います。

学生のみなさまへ

Youtuberやフリーランス等、ある企業に所属する以外の選択をするハードルが下がった昨今、改めて、自分自身が「何をしたい」「どうなり(あり)たい」かをよく考えてみると良いと思います。よく言われますが、就職それ自体はゴールでは無く、自分のビジョンを実現するための手段だと思います。ビジョンが浮かばないという方は、実体験でも映像でも書籍でも、興味のある事柄に、とにかく多く触れてみることをお勧めします。

オフショット

アフター5はよく他の部署含めた若手で飲みに出ています。休日はボルダリングや釣り、旅行に行ったりしています。会社の方々と一緒にすることも多い為、業務上全く関わりが無い方とも知り合いになったりして、意外なパイプ作りに役立っています。写真は会社の先輩後輩と鳥取に旅行に行った時のものです(鳥取砂丘)。