INTERVIEW

詳細設計 / 2012年入社
水環境事業本部
プラント技術部 電装グループ
工学部 電気電子工学科卒業

月島機械に決めた理由

就職活動を始めた頃は明確にやりたいことが決まっていませんでした。様々な会社を調べるうちに「スケールの大きな仕事がしたい」とぼんやりと思うようになりました。数ある水処理メーカーの中でも長い歴史を持ち、多岐に渡るモノづくりを展開している月島機械に興味を持ち、OB訪問で先輩社員の話を聞くうちに、この会社で環境に関わる仕事がしたいと考え、志望しました。

私の仕事

電気計装に関わる部分はすべて電装グループの役目です。
月島機械では、上下水道プラントを扱う官公庁向け事業と化学、食品プラントを扱う民間企業向け事業の2つを行っています。私は官公庁向け事業の電装グループに所属しておりますが、日本各地へ行くことが出来、各々のお客様のご要望をお伺いし、自身の業務にフィードバックすることで、自社機器に付加価値を創出することにやりがいを感じています。

職場の雰囲気

プラントエンジニアに求められる知識は、電気・計装・工事と幅広いですが、1つのプラントを作り上げるために部署の垣根を超えて和気あいあいとした雰囲気で仕事をしています。
また、自分のやりたいことを重視してくれる雰囲気もあり、月島機械の電気計装エンジニアの中には電気科卒の社員だけではなく機械科を卒業し、制御工学に関する知識を活かして仕事をしている人もいます。

学生のみなさまへ

会社に入れば毎日が初めての連続です。私も、入社して8年以上が経った今でも初めて経験することがたくさんあり毎日新鮮な気持ちで仕事をしています。目の前のことにチャレンジする気持ちを養っておくことが社会人になってから大いに役に立つと思います。将来に不安を感じている人もいるかもしれませんが、今、自分のやりたいことを精一杯取り組むことが大事だと思います。

オフショット

普段は仕事に追われる毎日ですが、自分で業務をうまく調整すれば、自由なタイミングで休暇を取得することが可能です。
私は毎年、海外旅行へ行っており、10連休を取得して会社の同期や先輩方と一緒に東南アジアの国々を陸路で横断する旅行をしたこともあります。海外へ出て異文化に触れることはとても刺激になります。