スチームチューブドライヤ

  • 乾燥

原理

蒸気等の熱媒を用いた伝熱で原料を加熱し乾燥させるタイプ(間接加熱型)の乾燥機です。乾燥機本体は円筒型のシェルと、シェル全長にわたって同心円状に配されたチューブから構成されます。チューブには蒸気等の熱媒が入り、原料供給部から送られてきた原料は回転するシェルおよびチューブでかき上げ、攪拌されながらチューブの熱伝達を受けます。本体は出口側に少し傾斜しているので、乾燥製品は回転とともに次の排出部に向かって送られます。また蒸発した液分は少量のキャリアガス(同伴ガス)とともに系外に排出されます。

特長

運転が容易
滞留時間が十分にとれ、調節が容易なので大幅な処理量の変化に対応でき、運転も熱源の管理のみなので容易です。
省エネルギー
高い熱効率と低いランニングコストで省エネルギーを実現します。
外気遮断が可能
特殊シールの採用により内部からのガス漏れや外気の流入がないため、溶剤回収が容易であり、不活性ガスの使用量もわずかになります。
少排気量
間接加熱型のため排気ガス量が極めて少なく、排ガス処理装置、脱臭設備がコンパクトになります。
スチームチューブドライヤ構造
スチームチューブドライヤ構造

適用例

テレフタル酸、ポリアセタール、ポリカーボネート、高密度ポリエチレン、
製鉄所のコークス炉挿入炭、汚泥、コーン副製品、割豆、大豆粕、銅鉱石、
鉄鋼石、酸化鉄、石膏、焼却灰、ソーダ灰
その他の物質でも多数実績があります。

関連分野/設備・技術

鉄鋼分野

化学分野
(有機/無機)

電池分野

ろ過

お問い合わせ

産業事業について
電話・webサイトからお問い合わせいただけます。

お問い合わせフォーム

Tel:03-5560-6531、6532、6533