ろ過乾燥機

  • ろ過

原理

ろ過・ケーキ洗浄・乾燥の各操作を密閉構造の単一機内で処理する装置です。容器内部に装着されるろ材により加圧又は真空でのろ過・ケーキ洗浄が行われた後、熱媒を容器ジャケット部に流通させる事で、乾燥操作を行います。
容器回転型は本体容器を回転させることで容器内部の製品固形物をムラなく乾燥します。攪拌反転型は内部に攪拌機を装備しており、ブロック状のウェットケーキを解砕・攪拌させながら乾燥操作を行います。

特長

完全排出
固形物排出口を下部に移動して排出操作を行う機構の為、容器内部の製品残留がなく、製品固形物の完全排出が可能です。
複数工程を1サイクル処理
ろ過・ケーキ洗浄・乾燥を単一容器内で行う為、各工程間のハンドリングが不要であり、煩雑なウェットケーキのハンドリングも不要です。
コンタミレス
密閉容器内での操作となるため、外部からのコンタミの心配はありません。
容器回転型ろ過乾燥機
容器回転型ろ過乾燥機
攪拌反転型ろ過乾燥機
攪拌反転型ろ過乾燥機

適用例

医薬、ファインケミカル、電子材料分野などコンタミを嫌う処理物

関連分野/設備・技術

電池分野

計量

お問い合わせ

産業事業について
電話・webサイトからお問い合わせいただけます。

お問い合わせフォーム

Tel:03-5560-6531、6532、6533