紫外線消毒装置(センチネル®)

浄水処理

原理

微生物等のDNAに直接作用し、複製能力を失わせることで消毒処理を行います。
紫外線の照射によりクリプトスポリジウムに代表される耐塩素性原虫類、細菌、ウィルスを不活化することが可能です。

特長

  1. コンパクト、高出力な中圧紫外線ランプを採用
  2. ランプ出力、本数制御を標準装備しており、安全かつ、経済性の高い運転が可能
  3. 幅広い水量に対応可能な5機種をラインナップ
    (300型、600型、900型の3機種は紫外線照射装置JWRC基準適合認定取得済)
    紫外線消毒装置センチネル

    紫外線消毒装置センチネル

    ※1紫外線透過率95%Tにおける基準適合水量(300型、600型はJWRC基準、それ以外はUSEPA基準)

  4. 耐塩素性原虫類の不活化に加え、ピコプランクトンの増殖抑制にも適用可能。
    ※本製品はアメリカのカルゴンカーボン社と提携した装置です。

    紫外線消毒装置(センチネル®)

    センチネル® 1200型 外観図

    紫外線消毒装置(センチネル®)

    紫外線処理装置センチネル®600型実績写真

関連分野/設備・技術

浄水処理

浄水場や取水場で水道水の異臭味を除去する装置です。

浄水処理

高い信頼性を継承しつつ、さらなる効率化を追及した沈殿池汚泥掻寄機です。

水環境事業
(機器・プラント)について

03-5560-6530