流動焼却設備(気泡流動炉)

汚泥処理(焼却)

原理

多数の納入実績を持つ、下水汚泥焼却炉です。
炉の下部で高温の珪砂を流動させる事で、汚泥を乾燥、分解し、炉の中~上部で汚泥を完全燃焼させて処理します。
また、850℃の高温焼却でN2Oを分解し、温室効果ガスの削減にも対応します。

特長

  1. 乾燥と焼却が同時に行なわれ完全燃焼が可能。
  2. 排ガスが850℃と高温のため臭気成分を分解。
  3. 高温焼却のためN2Oの生成を抑制。

流動焼却設備(気泡流動炉)

関連分野/設備・技術

汚泥処理(焼却)

省エネルギー、低環境負荷、補助燃料使用量削減を実現した焼却システムです。

水環境事業
(機器・プラント)について

03-5560-6530