創エネルギー型脱水焼却システム

汚泥処理(脱水・焼却)

原理

脱水汚泥の低含水率化を図る加温濃縮脱水システムと、過給式流動炉をベースとした焼却システムを組み合わせることで、補助燃料が不要で発電量が消費電力を上回る発電量を可能としました。

特長

  1. 優れた省エネ性
  2. 創エネルギーの実現
  3. N2O排出量の大幅な削減


温室効果ガス削減効果

100t/日規模(混合生汚泥、29t-DS/日)の場合、補助燃料ゼロかつ200kW以上の創エネルギーが可能であり、温室効果ガスは従来気泡流動炉に対して約90%削減が可能


 


関連分野/設備・技術

汚泥処理(焼却)

省エネルギー、低環境負荷、補助燃料使用量削減を実現した
焼却システムです。

汚泥処理(脱水・乾燥)

汚泥の燃料化、肥料化ニーズに対応する脱水機と乾燥機の
一体型システムです。

水環境事業
(機器・プラント)について

03-5560-6530