渦流式微粒子連続晶析装置

  • 晶析・精製

原理

反応液を大量に循環させることによって、リアクター内に強力な渦流場を形成させ、この渦流場に原料を連続的にフィードすることで、リアクター内全域において均一な反応晶析を可能にし、連続晶析による微粒子製造を実現する晶析装置です。

特長

微細でシャープな粒度分布
粒子径が小さく(数μm程度)、シャープな粒度分布をもった(単分散性の良い)微粒子を連続で製造することが可能です。
容積あたりの生産性が高い
連続生産にて装置容量を低減可能です(従来型攪拌槽と比較して数~10分の1程度)。
その他
立上げ時間が短い。ユニット構造でありナンバリングアップによるスケールアップが容易、シンプルな内部構造のため分解清掃が容易です。
サンプル製造例
サンプル製造例

適用例

LIB正極材前駆体、各種無機材料、化粧品材料 など

関連分野/設備・技術

晶析・精製

粒子製造

ろ過

電池分野

お問い合わせ

産業事業について
電話・webサイトからお問い合わせいただけます。

お問い合わせフォーム

Tel:03-5560-6531、6532、6533